エフェクトプラン社長の相川です。

今日は実査し昨年の6月から現在まで私自身英会話を習ってて感じた「壁」の話です。

問題視していた語彙や文法は意外とパターンを覚えてしまえば
あとは引き出しから探し出して当てはめていく感じなので結果的に数をこなすと慣れていきます。
しかし、最大の敵は日本人特有の「恥ずかしさ」だったなと思います。
外国人が身近にいて会話したいなと思っても声をかけられない恥ずかしさ。
講師の方々の発音はきれいだけど、自分の発音はまだまだなので恥ずかしい。

英会話を上達させるうえで「恥ずかしさ」を意図的に振り払えるかどうかが最大の秘訣であり上達のコツだと思います。

私自身ここに気が付いてから、今まで徒歩で歩いていた感覚から自動車移動になったくらいの差で
英会話習得のスピードが上がりました。
勿論目指しているところにはまだまだ到底届いていないので
自動車レベルではなく新幹線・飛行機くらいスピードを上げて英会話を楽しみながら習得していきたいと思います。